• ホーム
  • 犬の外耳炎は起こりやすい!飼い主が知るべき原因や症状について

犬の外耳炎は起こりやすい!飼い主が知るべき原因や症状について

犬を診る医者

外耳炎は、耳介から鼓膜の部分に炎症が起きてしまう病気です。耳が垂れている犬や、もともと皮膚が弱い体質を持つ犬種に多いと言われていますが、年齢や種類に関係なく比較的どの犬も発症しやすいという特徴があります。

外耳炎にかかる原因は、湿気の多い環境やアレルギー、耳ダニや細菌など、身近なものがほとんどです。こうした外的要因に加えて、湿気に弱いなど、体質的な要因も影響していることが考えられます。体質的に発症しやすいと言われているのは、ゴールデン・レトリバーやアメリカン・コッカースパニエルなど、垂れ耳タイプの犬です。フレンチブルドッグも外耳炎にかかりやすい部類に入りますが、これは皮膚が弱いという体質からです。トイプードルのように、外耳に毛が密集していることも、外耳炎を引き起こす原因になると言われています。外耳道がせまいと耳垢がたまりやすく、外耳炎を引き起こしやすくなります。パグやプードルなどがこの特徴を持っているので注意しましょう。

外耳炎にかかると、犬は痒がったり頭をブンブンふるようになります。耳から悪臭が出たり、耳垂れや垢が増えた、耳が赤くなったと言った症状が出ることもあります。中には耳ではなく首周辺をかいて症状を訴える犬もいるので、動作に異変が出たら、外耳炎を疑うといいかもしれません。

外耳炎の治療は、程度や引き起こされた原因によって変わってきます。軽度であれば耳の中を掃除したり、点耳薬で様子を見ることが一般的です。もしダニが原因であれば、駆虫薬を使用します。アレルギーが原因の場合、普通の点耳薬では症状を悪化させることがあるため、他の治療法になります。このように、外耳炎の治療は対処療法になりますので、自己判断せずに動物病院で視察を受けるようにしましょう。

治療期間は病気の程度によって違いがあります。症状が軽ければ短期間で済みますし、通院や手術を擁するほどの重症であれば、治療期間も必然的に長くなります。軽度なら1週間程度、重度の場合は数週間ほどが治療期間の目安です。治療せずに放置すると症状が悪化し、慢性化することもあるので早めの治療が望まれます。

外耳炎の治療費には診察代や処置、薬代などがかかります。1回の治療にかかる費用はおよそ3,000円で、通院になると費用は更にかさみます。もし手術が必要なほど重症であれば、その費用が必要になります。手術を含めると合計20万円以上かかってしまったというケースもあります。