• ホーム
  • 猫が発症しやすい膀胱炎の症状を知ろう

猫が発症しやすい膀胱炎の症状を知ろう

犬と遊ぶ人

猫は体の水分を体内で使ったり、できるだけ外に出さないようにしようとする性質を持っています。このため泌尿器科系の病気が多く、膀胱炎もその一つです。膀胱炎は膀胱に炎症が起き、排尿困難などの症状を引き起こす病気です。

猫のおしっこはもともと色が濃く、細菌が繁殖しにくい特徴を持っていますが、何らかの理由で膀胱炎を引き起こしてしまうことがあります。その原因はブドウ球菌などの細菌感染によるものですが、原因がわからない場合は、特発性のものとして分類されます。

細菌は外から侵入して炎症を引き起こす場合と、膀胱内にある結石が尿道の粘膜を傷つけ、そこに細菌が住み着いて感染する場合があります。特発性は原因が特定できませんが、ストレスが一因ではと考えられています。老猫は、間質性膀胱炎を発症することがありますが、原因は特定されていません。

泌尿器科系の病気にかかりやすい猫ですが、オスのほうがメスよりも膀胱炎を発症する傾向があります。オスの尿道はメスのものと比べて細く、尿中に出た膿や結石で尿道の粘膜を傷つけやすくなるからです。

膀胱炎の症状は、トイレに行く回数は増えたけれど、おしっこの量が少ない、または出ないと言う特徴があります。場合によっては血尿が出たりおしっこが濁る、臭いがきついなどの症状も現れます。症状が進むと、お腹を触った時に痛がったり、排尿時に痛みを覚えて唸るようになります。表面からは見えませんが、結石ができやすくなるというのも、膀胱炎中期の症状です。おしっこが正常に排出されないと、体内に毒素がたまり、腎臓に負担がかかってきます。重度の膀胱炎になると尿道閉鎖を起こし、急性腎不全になることもあります。おしっこが出ないだけだから、とそのままにせず、異変を感じたら動物病院で診察を受けましょう。

膀胱炎の治療は飲み薬になることが一般的です。軽度なら約1週間分の薬が出され、様子見となります。急性腎不全になるほどの重症であれば、点滴をし、入院して治療を受けます。治療のため、皮下補液(水分補給を目的とした点眼液で、皮下に貯め込みます)を受けている場合は、1~2週間通院します。

猫の膀胱炎はクセになりやすいと言われますが、治療を中途半端にするなど完治しない場合、再発する恐れがあります。年齢とともにかかりやすくなるので、泌尿器症候群や腎盂腎炎、膀胱結石などの検査は定期的にすることが望ましいです。定期健診で尿検査を受けていれば、早期発見につながります。