• ホーム
  • 猫の危険な嘔吐と心配のない嘔吐の違いは?

猫の危険な嘔吐と心配のない嘔吐の違いは?

きれいな犬

猫はよく毛玉を吐いたり嘔吐することがあります。こうした症状は生理的な場合もあれば、病気のサインということもあります。

猫は食べ物をあまり噛まず、丸呑み状態で食べます。時には勢いよく口に入れたり、食べすぎてしまうこともあり、それが嘔吐の原因になります。草をよく食べてそれを吐き出すという行為もよく見られますが、これは胸焼けに対処する行動なので、心配することはありません。大量に吐いたとしても、何事もなかったように振る舞っているのなら、問題ありません。

猫が毛玉を吐き出すのは、毛づくろいなどで飲み込んでしまった体毛を吐き出すためです。どのくらい毛玉を吐くのかは猫の種類にもよりますが、長い毛を持っている猫であればあるほど、吐く回数も多くなります。時々白い泡のようなものを吐き出すこともありますが、これは胃酸で、お腹が空いている時に出てきます。黄色い液体は胆汁で、胃酸と一緒に出てくることがあります。

餌を与えてもよく食べないなど、普段と違った様子を見せた場合、それは病気のサインかもしれません。目に見えて食欲が落ちたり、嘔吐を何度も繰り返す、トイレの回数や量がいつもと違うといった症状が出たら、動物病院を受診しましょう。

猫が嘔吐する原因はいくつか考えられます。内臓の調子が悪い場合は、食欲不振になったり、繰り返し吐くようになります。猫に多い内臓疾患は胃潰瘍や腸炎、食道炎など。症状が軽めのものであれば内服薬などで処理しますが、他に原因が考えられる場合はエコーやレントゲン検査を受ける場合もあります。

泌尿器系の病気を抱えている時も、嘔吐することがあります。例えば腎臓の機能が低下している場合、毒素や老廃物は尿として排出されず、体内に残ってしまいます。そうすると、食欲がわかず体重が減る、食べ物を吐くと言った症状が現れてきます。腎臓障害かどうかは血液検査でわかるので、病院で診察を受けることが一番です。腎不全と診断された場合は、食事や点滴で進行を遅らせると言った治療になります。

嘔吐は、膵臓や肝臓に炎症を起こしているという病気のサインにもなります。何かしらの理由で肝炎にかかり、炎症が進行すると、黄疸や腹水の他に、嘔吐という症状が出てくることがあります。高齢になると膵臓の働きが悪くなり、膵炎を発症する猫も多くいます。嘔吐や脱水、下痢は膵炎の特徴的な症状です。

嘔吐と言ってもその原因は多岐にわたっています。吐いても普段どおり食欲があり、元気であれば心配ありませんが、そうでなければ病気を疑った方がいいかもしれません。毛玉を吐き出した後餌をあまり食べない、嘔吐を繰り返す、吐しゃ物に血や異物が混ざっていたなど気になる点があったら、すぐに動物病院で診察を受けるようにして下さい。